あなたは「PDCA」という言葉をご存じだろうか?

業務改善を行い、効率化を図り、ビジネスを成功させるノウハウです。

 

P プラン(目標)

D ドゥー(実践)

c チェック(分析、検証)

A アクト (改善)

 

このサイクルをぐるぐると繰り返すことで、どこが悪いのか、なぜ悪いのか、どうすれば目標達成するのか、がわかって来て、成功に向かっていく仕組みです。

私たちINAでも、メンバーが毎月このPDCAを繰り返し、自分たちのビジネスを改善し、目標達成をさせています。

で、今日は、その一歩上の「高速PDCA」について。

通常のPDCAは、一ヶ月ごとに目標を設定し、数字を記録し、分析して、一つ一つ悪い点をつぶしていきます。

しかし、これだとかなり時間がかかります。

改善点を一つ一つ潰していっても、本当にそれが問題点だったのか、気づくまでに時間がかかります。

そこで高速PDCAとは、1ヶ月の目標と、毎日の目標の2つを掲げます。

そして、プランも複数用意して、改善案も複数用意して、同時に実践して、検証します。

複数のプランを、毎日検証して、毎日改善して、最後に1ヶ月トータルの分析をするのです。

しかし、多くの人が、複数のプランを検証することをやっていませんし、ましてや、数値化してチェックして、分析する、ということをやっていません。

なんとなく、のんびりブログやフェイスブックを更新して気が向いたらやって、休んで、なんとなく結果がでない、というビジネスをやっているのではないでしょうか。

私たちは、現在はブログを中心に活動していますが、一昔前では、掲示板、メルマガ広告、バナー広告、リードメール広告、アメブロ、SEOブログなど、複数で集客していました。

 

よくある質問が、

「橋本さん、どれが一番効果的ですか?」

と言うものですが、私の答えは決まっています。

「全部やって、検証してください」

「数値化してPDCAして、良いものを選んでください」

しかし、こういった無茶ぶりでも、昔の人はついてきてくれました。

現在、こういった事を言うと、嫌がる人が増えている気がします。

 

「1タップするだけで30万円を配当。何もしないで永久に100万がもらえる」

「1日たったの10分だけで、スマホだけで、ピッたった儲かる」

「必ず、全員が100%月収400万円を稼げる。100%の再現性」

「名前出し不要。自動システムで6億円を全員に配当」

みたいな、嘘、詐欺広告が蔓延しているので、どうも神経がマヒしているのかもしれません。

 

現在であれば、Facebook、YouTube、ブログ、広告、メルマガ、SNSなど、いろいろな集客ツールがあります。

これらを同時に仕掛け、毎日数値化して、チェックし、改善し、1ヶ月後に一番良い方法、効果が出る方法をピックアップし、ブラッシュアップしていく。

そうすることで、ビジネスは高速で広がっていくわけです。

私たちは、まっとうなビジネスを仕掛け、ビジネスマインド、ビジネススキルが高いメンバーを育て上げていきます。

記事が良ければポチッとクリックしていただけると助かります。

SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ