先日は、あるメルマガが届いて「無料セミナー」ということで、ロッキーリャンと言う中国人のセミナー講師のセミナーに参加しました。

中国では有名な講師のようでして、数千、数万単位でしかスピーチをしない人が、昨日はたまたま200人程度でセミナーをやっていました。

1回の講演料は5000万円だそうです。

マンツーマンの指導も年間数千万円。

ロッキーリャン
http://rockyliang.jp/index.php

理由は、なかなか予約が取れない、日本のレストランで、1年前に予約したのが、昨日取れたので、来日した、ついでにセミナーをやりたくなったので、少人数でやります。

みたいな理由でした。通訳付き。

ツイてます。

 

写真は、若いひ弱な感じに見えますが、実際には声が大きく、張りがあり、響いて迫力があります。

無料で、なんとなく行ったセミナーですが、とても良かったです。

とにかく、中国は、金儲けやヴィジョンや、ビジネスや、成り上がりの気持ちが猛烈に高い、というのが伝わってきました。

日本で言えば明治維新、昭和の高度成長期、西洋に追いつけ、追い越せ、と言った時代で、
猛烈に走り続けている感じです。

本当に、日本は完全に、負け組になっているなー、と感じました。

経済で負けるだけじゃなくて、気持ちで負けています。

たまたま来日した中国人講師でそう感じるのですから、実際に中国に行って、ビジネスの現場を見たら仰天するんでしょうね。

彼の話で、頭に残っている点をシェアします。

 

彼はもともと台湾人で、うつ病で、どん底生活から、無一文状態、コネなしで、上海に行き、そこで成功しました。

彼が言うには、上海に行くときには

「私もははっきりとしたプランがあった」

ということです。。

中国では有名なスタジアムで●万人の前でセミナーをやる、鳥の巣のスタジアムでセミナーをやる、あれやる、これやる、という壮大な目標、明確なヴィジョン、夢、プランを持っていた、ということでした。

それがなかったら、ただ上海に行った無一文の若者だっただろう、と。

つまり、目標、プラン、明確な願望を持て!

ということでした。

当たり前の事なんですが、あのどすの聞いた声、そしてスピーカーが最大ボリュームになっていて、凄いうるさいんです、

くらいの勢いで言うので、洗脳されました(笑)

 

見た目もすっきりしています。

ジャケットも今の、グッチのようなガラ付きの赤色で、目立ちます。

髪型はリーゼント風のツンツンヘア。

見た目も大事ですね。

 

そして、彼が言っていたのは、「人生はストーリーだ」自己紹介がうまく出来るようにしろ、と。

そして、セミナーのあらゆるところに、ストーリーを持ち出せ。

 

セミナーとは、感動だ、変化だ、ということです。

ただ、講和する、説明するのはセミナーじゃなくて、人を感動させるストーリーを話せ、ということですね。

 

ストーリー性をもって原稿を書き込んで、スピーチしたら、お金は稼げる。

人は集まってくる。影響力のある人とコネクションが出来る。

そのコネクションを使ってどんどん成り上がる。つながる。協力を得る。

資金を援助してもらえる。

ということでした。

そして、ぜひ見てください。

そして、ダウンさんに見るようにお勧めしてください。

そして、ダウンさんに教えられるように、橋本さんもセミナーやってください。

 

記事が良ければポチッとクリックしていただけると助かります。

SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ