私がこのインターネットビジネスに取り組んだのが、38歳の時でした。現在は53歳ですから、もう15年にもなります。

流行り廃れが早いインターネットビジネスの世界において、サラリーマンの月収の何倍もの報酬をいただき、現在も継続して躍進中というのは、自分で自分を褒めてあげたいです。

38歳の時、インターネットで検索してたまたまこのビジネスを知ったのですが、その時はすでに私はサラリーマンを辞めていました。

何をするあてもなく辞めました。それだけもう、肉体的にも精神的にも会社員は限界だったのです。

・自分の時間が欲しい

・ゆっくりと人生を考え直したい

・健康を取り戻したい

そんな思いでした。

38歳当時の私の写真がこちらですから、いかに不健康だったかがわかるでしょ?

現在の写真はこちらです。

子供がまだ小さくて、何をするあてもなく暮らしていた私は、派遣社員で働く妻の「ひも」みたいな状態でした。

● 何の資格もない

● マネージメント能力も経験もない

● 38歳と言う、転職には厳しい年齢。

「生活費を稼ぐには、時給1000円のアルバイトが今の俺には精いっぱいだ・・」

真剣にそう思っていました。

しかし、時給1000円だと、フルタイムで働いても18万円程度の月収です。

まじで「やばい」と思いました。

そして、その時給は一生横ばい。

でも、独立起業とか考えたこともないし、そんなリスクを背負いたくないし、そんなお金もない。

どうしよう・・・・・・・

本当に、当時は焦り、悩みまくっていました。

冬の寒い夜、妻と子供が寝静まったら、一人で外に出て、あてもなく朝まで散歩して、いろいろ考えたりしていました。

あの当時の散歩道で座った公園の椅子や、お参りした神社などは、今も強烈に記憶に残っています。

その後、いろいろな偶然が積み重なって今に至るわけですが(はしょりすぎ!?笑)、本当に私は運がいいと思います。感謝します。

そして、これからも私は80歳時をピークにすることを目標として、当時の私と同じような不安や悩みを抱えている人のお役に立ちたいと願っています。

あの時の不安や悩みは単にお金だけの問題ではありません。

自分が何をやりたいのかがわからない。

家族とどうやって向き合いながら自分の生きがいを見つけたらいいのかがわからない。

独立起業してもマーケティングの方法、集客の方法がわからない

一人だと寂しい

そんな人たちに集まってもらいたいと思っていますし、そういった方のお役に立ちます。

私は一生涯この仕事に取り組むことを決めていますので、ぜひ、安心して声をかけてください。

 

記事が良ければポチッとクリックしていただけると助かります。

SOHO・在宅ワーク ブログランキングへ