「人生このままで終わってしまうのか!?」

わたしは29歳まで、日雇いアルバイトで働いていたなんでもないフリーターでした。

hiyatoi

特に夢もなく、野望もなく、勉強するでもなく、焦るでもなく、自分だけの食費を稼いで、フリーター仲間とお酒を飲んで、風呂なしアパートで暮らしている若者でした。

しかしいつまでもそんな暮らしでは親も心配するし、そろそろ就職しないといけないのかなと思ってサラリーマンを始めたのです。

実際にサラリーマンをやってみて、その過酷な仕事内容と、ストレスにすぐにギブアップしそうになりましたが、社員仲間からの励ましもあって、なんとか9年間続ける事が出来ました。

サラリーマンは本当に過酷でした。いや、正確に言うと過酷と言うより、みなさん普通にこなしていることかもしれませんが・・

tsukin

朝、早く起きて、夜遅く帰る。仕事が遅れていると残業はあたりまえ。

 

densya

通勤のために毎日数時間は満員電車に我慢して乗らないといけない。もちろん雨の日でも、台風の日でも出勤はする。眠いからと言って休むことは出来ません。土日出勤もよくある話。

会議・会議・会議。

kaigi

ノルマ・ノルマ・ノルマ。

okorare

報告書、稟議書、日報、契約書、変更依頼書などの書類の山・山・山。

syorui

お給料は人並みにいただけていたと思いますので、不満はありませんでしたが、このまま一生を終わらせてもいいのだろうか?

自分のやりたい事をやって、人生を謳歌しなくてもいいのか?

いや、そもそも自分のやりたいことや夢って、一体なんだっけ?それさえも忘れてしまった。

と、悶々と悩みもがいていました。

毎日のストレスから、わたしはタバコや酒の量が増え1日中頭がフラフラしている状態でした。

やがてわたしも結婚し、初めての子供が生まれました。

やばい、このまま人生が終わってしまう・・・・・・・

今思えばそこからでした。わたしの第二の人生が始まったのは何とか人生を変えないといけないと思い、悩んだ末にお世話になった会社を退職し、インターネットでビジネスを始めたのです。

始めたのはいいのですが、ホームページを作ったことがない、メールをやったりインターネットを見たりしか出来ない素人で元サラリーマンが、インターネットのビジネスで成功できるはずもありません。

nayami

子供が生まれたばかりで、育児に思った以上に精神力と体力とお金を使い、家庭内がギスギスしてきました

インターネットのビジネスだけでは食っていけない私は、倉庫作業員の契約社員(1年契約)として再度働き始めました。

共働きだった私たち夫婦は、子供が熱を出したりするとどちらかが会社を休んで看病しないといけません。保育園と病院と職場と自宅を行ったり来たり。

子供はなによりも大事ですが、会社もこういう状態が続くとあまりいい顔はしません。

このままでは二人はリストラ対象になってしまう、そう心配していたら、本当に妻がリストラされました

OLYMPUS DIGITAL CAMERA あの時は本当に辛かったです。

悩み苦しんでいた私は、何とかしないといけないと焦っていました。

・・・・・・

それから七か月後・・・

私は成功することが出来ました。

IMG_1868 IMG_2225

IMG_2141 IMG_5699

 

なぜ、あんなにダメダメ中年豚野郎サラリーマンだった私が、たった七か月で変わることが出来たのか?

ブログをぜひご購読ください。

 


橋本和英
1964年10月26日生まれ
さそり座 AB型
徳島県吉野川市出身
陸上自衛隊第二十六普通科連隊入隊(北海道留萌市)
明治大学政経学部経済学科卒業

高校を卒業後、陸上自衛隊に入隊。除隊後に2年間勉強して明治大学へ入学・卒業。

そのころから自分が好きな時に好きな事が出来る人生を模索するが、お金と自分の夢との間でもがき、どうしたらいいか回答が見つからず。

子供が生まれたばかりの38歳時に、サラリーマンで終える人生に疑問を感じ、次のあてのないまま退職。

「金持ち父さん・貧乏父さん」「億万長者入門」の本に触発され、ビジネスをインターネットで始める。

派手な生活や無駄な出費を嫌い、家族との時間を大事にする、ニュータイプのリーダーである。現在は、「物心両面で豊かになる」という理念のもとに精力的に活動を続けている。

<資格取得>
ファイナンシャルプランナー
産業カウンセラー